業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

複合機比較/リースvsレンタル 自営業経営に最適なのはどちら

複合機比較/リースvsレンタル 自営業経営に最適なのはどちら

 

 

 

自営業などで業務の効率化、生産性を高めるためにFAX機・複合機などをオフィスに導入すると思います。そのFAX機・複合機を導入する際に、自分(または自分の会社)にとって適しているか見極める必要があります。

 

適していない場合、余計な出費が嵩み資金の遣り繰りが難しくなってしまい、必要な箇所に十分の資金を使うことができなくなります。

 

また、そのFAX機・複合機が使いにくい場合ですと、業務の効率化や生産性を高めるために導入したはずが、かえって面倒くさくなったり生産性が低くなってしまいます。

 

そこで、複合機レンタルのコストパフォーマンスは良いのか悪いのか解説していこうと思います。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決することができます。

 

●レンタルとリースの違いとは?
●複合機レンタルのメリット・デメリットとは?
●複合機レンタルのコスパはどうなの?

 

(1)よく混同するリースとレンタルの違い
複合機レンタルを検討する際に、ネットでどういったモノなのか検索すると思うのですが、複合機に限らず「レンタル」と「リース」がよく混同しがちです。ここでは「複合機リース」と「複合機レンタル」について解説していこうと思います。

 

●リース契約
「複合機リース」の場合、契約期間は長期間で中途解約は原則不可能です。複合機をリースする際に、利用者が希望する物品をリース会社が購入し、それを賃借します。

 

あくまで「賃借」なので、希望した複合機の所有権はリース会社が持っていますが、故障した際などの修繕義務は利用者にあります。またリース契約をするには審査があり、それを通過しなくてはいけません。

 

●レンタル契約
「複合機レンタル」の場合、契約期間は短期で中途解約は可能です。複合機をレンタルする際に、レンタル会社が元々所有してる複合機の中から選択します。

 

レンタルした複合機の所有権はレンタル会社が持っていて、故障した際などの修繕義務もレンタル会社が持っています。またレンタル契約の場合、事前に審査がありません。

 

(2)複合機レンタルのメリット
●契約期間を気にしなくて良い!
レンタル契約は短期間からでき、中途解約も可能です。そのためリース契約やスマホの中途解約での多くの違約金を支払う心配がありません。

 

●厳しい審査がない!
リース契約のような厳しい審査がないので、気軽に複合機レンタルをすることができます。

 

(3)複合機レンタルのデメリット
●リース契約よりも割高に・・・
複合機リースは長期的に契約することを前提にしていて、中途解約もそもそも考えていないため、毎月支払うリース料を安く抑えることができます。

 

それに対して複合機レンタルは比較的短期間の契約で、中途解約のことも香料に入れているためか、毎月支払う料金はどうしてもリース契約よりも割高となってしまいます。

 

●型落ちなので機材トラブルに・・・
複合レンタルというのは、レンタル会社が保有している複合機を貸し出す形なのですが、どうしてもその複合機は中古品となってしまいます。

 

さらに型落ちということもあり、故障することが少なからずありそのたびに修復しなくてはいけません。そのため急いでFAXをするときや枚数が多いときに著しく生産性が低くなってしまいます。

 

(4)複合機レンタルのコスパは?
複合機レンタルのコスパ、ズバリ言うと「あまり良くない」と思われます。毎月の支払いはリース契約よりも割高となってしまい、型落ちということもあってか効率性や生産性が低くなってしまうこともあります。

 

どちらかと言うと「レンタル契約」よりも「リース契約」の方がコスパが良いのですが、長い目で見てしまうと「リース契約」も割高となってしまい、デメリットが大きく感じてしまいます。

 

「レンタル契約」と「リース契約」のデメリットを解消し、通常のFAXでは考えられない機動性があるモノがあるのです。それは「インターネットFAX」というものです。それについてのメリット・デメリットを解説していこうと思います。

 

(5)インターネットFAXのメリット
●格安に利用できる!
「インターネットFAX」は「複合機レンタル・リース」と比較して格安に利用することができます。

 

レンタル契約・リース契約ともに最低でも月額5,000円以上かかってしまいますが、インターネットFAXだと月額2,000円以内に抑えることができます。

 

インターネットFAXにすることによって経費を削減することができ、重点的に・必要な箇所にお金を使うことができます。

 

●FAXの受信はスマホ・パソコンで完結!
インターネットFAXの最大とも言っても良い特長として「FAX機の設置が不要」というのが挙げられます。従来のFAX機ですと、事務所(FAX機の設置場所)に居ない場合、FAXの内容をすぐに確認したくてもできません。

 

インターネットFAXにすることによって、時間や場所を選ばずFAXの送受信をスマホ・パソコンで行えます。

 

またFAX機本体がないため、印刷するための用紙やインク・トナーも不要となり、修理することもない(自信が使っているスマホ・パソコンは除く)ので余計な出費がなくなります。

 

(6)インターネットFAXのデメリット
●状況によっては送信する際に〇〇が必要に・・・
FAXの送受信にあたって、受信に関してはスマホ・パソコンで完結するのですが、送信する状況によっては「スキャナー」が必要となってきます。

 

というのも、インターネットFAXはPDFなどのデジタルデータを送受信します。つまり、紙媒体の資料をインターネットFAXで送信するときに一度スキャナーでデジタルデータに変換する必要が出てくるためです。

 

(7)オススメの会社とは?
オススメのインターネットFAXの会社を紹介します。オススメしたいのは2社で「eFax《公式サイト》」と「メッセージプラス《公式サイト》」です。

 

「eFax《公式サイト》」は月額1,500円(年額18,000円)で利用することができ、日本全国の市外局番を網羅しているの選択することができます。

 

「メッセージプラス《公式サイト》」は月額プランだと950円で、年額プランだと9,500円(月額換算:約792円/月)となっています。また留守番機能を持っており、050から始まる自分専用の電話番号を取得することにより、パソコンがなくても利用できます。

 

(8)まとめ
いかがだったでしょうか。「コスパ」という点では複合機レンタルはあまりオススメできません。そして、そのデメリットを解消できるインターネットFAXのメリット・デメリットが分かったと思います。インターネットFAXについてまとめると、

 

●月額950円からインターネットFAXを利用できる!
●受信においてはスマホ・パソコンで完結!
●紙媒体の送信においてはスキャナーが必要に・・・。

 

ということです。  
題名:複合機レンタルのコスパはどうなの?メリットとデメリットを解説!
自営業向け複合機はレンタルより●●?リースと徹底日かっく
複合機比較/リースvsレンタル 自営業経営に最適なのはどちら

 

自営業などで業務の効率化、生産性を高めるためにFAX機・複合機などをオフィスに導入すると思います。そのFAX機・複合機を導入する際に、自分(または自分の会社)にとって適しているか見極める必要があります。

 

適していない場合、余計な出費が嵩み資金の遣り繰りが難しくなってしまい、必要な箇所に十分の資金を使うことができなくなります。

 

また、そのFAX機・複合機が使いにくい場合ですと、業務の効率化や生産性を高めるために導入したはずが、かえって面倒くさくなったり生産性が低くなってしまいます。

 

そこで、複合機レンタルのコストパフォーマンスは良いのか悪いのか解説していこうと思います。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決することができます。

 

●レンタルとリースの違いとは?
●複合機レンタルのメリット・デメリットとは?
●複合機レンタルのコスパはどうなの?

 

(1)よく混同するリースとレンタルの違い
複合機レンタルを検討する際に、ネットでどういったモノなのか検索すると思うのですが、複合機に限らず「レンタル」と「リース」がよく混同しがちです。ここでは「複合機リース」と「複合機レンタル」について解説していこうと思います。

 

●リース契約
「複合機リース」の場合、契約期間は長期間で中途解約は原則不可能です。複合機をリースする際に、利用者が希望する物品をリース会社が購入し、それを賃借します。

 

あくまで「賃借」なので、希望した複合機の所有権はリース会社が持っていますが、故障した際などの修繕義務は利用者にあります。またリース契約をするには審査があり、それを通過しなくてはいけません。

 

●レンタル契約
「複合機レンタル」の場合、契約期間は短期で中途解約は可能です。複合機をレンタルする際に、レンタル会社が元々所有してる複合機の中から選択します。

 

レンタルした複合機の所有権はレンタル会社が持っていて、故障した際などの修繕義務もレンタル会社が持っています。またレンタル契約の場合、事前に審査がありません。

 

(2)複合機レンタルのメリット
●契約期間を気にしなくて良い!
レンタル契約は短期間からでき、中途解約も可能です。そのためリース契約やスマホの中途解約での多くの違約金を支払う心配がありません。

 

●厳しい審査がない!
リース契約のような厳しい審査がないので、気軽に複合機レンタルをすることができます。

 

(3)複合機レンタルのデメリット
●リース契約よりも割高に・・・
複合機リースは長期的に契約することを前提にしていて、中途解約もそもそも考えていないため、毎月支払うリース料を安く抑えることができます。

 

それに対して複合機レンタルは比較的短期間の契約で、中途解約のことも香料に入れているためか、毎月支払う料金はどうしてもリース契約よりも割高となってしまいます。

 

●型落ちなので機材トラブルに・・・
複合レンタルというのは、レンタル会社が保有している複合機を貸し出す形なのですが、どうしてもその複合機は中古品となってしまいます。

 

さらに型落ちということもあり、故障することが少なからずありそのたびに修復しなくてはいけません。そのため急いでFAXをするときや枚数が多いときに著しく生産性が低くなってしまいます。

 

(4)複合機レンタルのコスパは?
複合機レンタルのコスパ、ズバリ言うと「あまり良くない」と思われます。毎月の支払いはリース契約よりも割高となってしまい、型落ちということもあってか効率性や生産性が低くなってしまうこともあります。

 

どちらかと言うと「レンタル契約」よりも「リース契約」の方がコスパが良いのですが、長い目で見てしまうと「リース契約」も割高となってしまい、デメリットが大きく感じてしまいます。

 

「レンタル契約」と「リース契約」のデメリットを解消し、通常のFAXでは考えられない機動性があるモノがあるのです。それは「インターネットFAX」というものです。それについてのメリット・デメリットを解説していこうと思います。

 

(5)インターネットFAXのメリット
●格安に利用できる!
「インターネットFAX」は「複合機レンタル・リース」と比較して格安に利用することができます。

 

レンタル契約・リース契約ともに最低でも月額5,000円以上かかってしまいますが、インターネットFAXだと月額2,000円以内に抑えることができます。

 

インターネットFAXにすることによって経費を削減することができ、重点的に・必要な箇所にお金を使うことができます。

 

●FAXの受信はスマホ・パソコンで完結!
インターネットFAXの最大とも言っても良い特長として「FAX機の設置が不要」というのが挙げられます。従来のFAX機ですと、事務所(FAX機の設置場所)に居ない場合、FAXの内容をすぐに確認したくてもできません。

 

インターネットFAXにすることによって、時間や場所を選ばずFAXの送受信をスマホ・パソコンで行えます。

 

またFAX機本体がないため、印刷するための用紙やインク・トナーも不要となり、修理することもない(自信が使っているスマホ・パソコンは除く)ので余計な出費がなくなります。

 

(6)インターネットFAXのデメリット
●状況によっては送信する際に〇〇が必要に・・・
FAXの送受信にあたって、受信に関してはスマホ・パソコンで完結するのですが、送信する状況によっては「スキャナー」が必要となってきます。

 

というのも、インターネットFAXはPDFなどのデジタルデータを送受信します。つまり、紙媒体の資料をインターネットFAXで送信するときに一度スキャナーでデジタルデータに変換する必要が出てくるためです。

 

(7)オススメの会社とは?
オススメのインターネットFAXの会社を紹介します。オススメしたいのは2社で「eFax《公式サイト》」と「メッセージプラス《公式サイト》」です。

 

「eFax《公式サイト》」は月額1,500円(年額18,000円)で利用することができ、日本全国の市外局番を網羅しているの選択することができます。

 

「メッセージプラス《公式サイト》」は月額プランだと950円で、年額プランだと9,500円(月額換算:約792円/月)となっています。また留守番機能を持っており、050から始まる自分専用の電話番号を取得することにより、パソコンがなくても利用できます。

 

(8)まとめ
いかがだったでしょうか。「コスパ」という点では複合機レンタルはあまりオススメできません。そして、そのデメリットを解消できるインターネットFAXのメリット・デメリットが分かったと思います。インターネットFAXについてまとめると、

 

●月額950円からインターネットFAXを利用できる!
●受信においてはスマホ・パソコンで完結!
●紙媒体の送信においてはスキャナーが必要に・・・。

 

ということです。  
題名:複合機レンタルのコスパはどうなの?メリットとデメリットを解説!
自営業向け複合機はレンタルより●●?リースと徹底日かっく
複合機比較/リースvsレンタル 自営業経営に最適なのはどちら

 

自営業などで業務の効率化、生産性を高めるためにFAX機・複合機などをオフィスに導入すると思います。そのFAX機・複合機を導入する際に、自分(または自分の会社)にとって適しているか見極める必要があります。

 

適していない場合、余計な出費が嵩み資金の遣り繰りが難しくなってしまい、必要な箇所に十分の資金を使うことができなくなります。

 

また、そのFAX機・複合機が使いにくい場合ですと、業務の効率化や生産性を高めるために導入したはずが、かえって面倒くさくなったり生産性が低くなってしまいます。

 

そこで、複合機レンタルのコストパフォーマンスは良いのか悪いのか解説していこうと思います。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決することができます。

 

●レンタルとリースの違いとは?
●複合機レンタルのメリット・デメリットとは?
●複合機レンタルのコスパはどうなの?

 

(1)よく混同するリースとレンタルの違い

複合機レンタルを検討する際に、ネットでどういったモノなのか検索すると思うのですが、複合機に限らず「レンタル」と「リース」がよく混同しがちです。ここでは「複合機リース」と「複合機レンタル」について解説していこうと思います。

 

●リース契約
「複合機リース」の場合、契約期間は長期間で中途解約は原則不可能です。複合機をリースする際に、利用者が希望する物品をリース会社が購入し、それを賃借します。

 

あくまで「賃借」なので、希望した複合機の所有権はリース会社が持っていますが、故障した際などの修繕義務は利用者にあります。またリース契約をするには審査があり、それを通過しなくてはいけません。

 

●レンタル契約
「複合機レンタル」の場合、契約期間は短期で中途解約は可能です。複合機をレンタルする際に、レンタル会社が元々所有してる複合機の中から選択します。

 

レンタルした複合機の所有権はレンタル会社が持っていて、故障した際などの修繕義務もレンタル会社が持っています。またレンタル契約の場合、事前に審査がありません。

 

(2)複合機レンタルのメリット

●契約期間を気にしなくて良い!
レンタル契約は短期間からでき、中途解約も可能です。そのためリース契約やスマホの中途解約での多くの違約金を支払う心配がありません。

 

●厳しい審査がない!
リース契約のような厳しい審査がないので、気軽に複合機レンタルをすることができます。

 

(3)複合機レンタルのデメリット

●リース契約よりも割高に・・・
複合機リースは長期的に契約することを前提にしていて、中途解約もそもそも考えていないため、毎月支払うリース料を安く抑えることができます。

 

それに対して複合機レンタルは比較的短期間の契約で、中途解約のことも香料に入れているためか、毎月支払う料金はどうしてもリース契約よりも割高となってしまいます。

 

●型落ちなので機材トラブルに・・・
複合レンタルというのは、レンタル会社が保有している複合機を貸し出す形なのですが、どうしてもその複合機は中古品となってしまいます。

 

さらに型落ちということもあり、故障することが少なからずありそのたびに修復しなくてはいけません。そのため急いでFAXをするときや枚数が多いときに著しく生産性が低くなってしまいます。

 

(4)複合機レンタルのコスパは?

複合機レンタルのコスパ、ズバリ言うと「あまり良くない」と思われます。毎月の支払いはリース契約よりも割高となってしまい、型落ちということもあってか効率性や生産性が低くなってしまうこともあります。

 

どちらかと言うと「レンタル契約」よりも「リース契約」の方がコスパが良いのですが、長い目で見てしまうと「リース契約」も割高となってしまい、デメリットが大きく感じてしまいます。

 

「レンタル契約」と「リース契約」のデメリットを解消し、通常のFAXでは考えられない機動性があるモノがあるのです。それは「インターネットFAX」というものです。それについてのメリット・デメリットを解説していこうと思います。

 

(5)インターネットFAXのメリット

●格安に利用できる!
「インターネットFAX」は「複合機レンタル・リース」と比較して格安に利用することができます。

 

レンタル契約・リース契約ともに最低でも月額5,000円以上かかってしまいますが、インターネットFAXだと月額2,000円以内に抑えることができます。

 

インターネットFAXにすることによって経費を削減することができ、重点的に・必要な箇所にお金を使うことができます。

 

●FAXの受信はスマホ・パソコンで完結!
インターネットFAXの最大とも言っても良い特長として「FAX機の設置が不要」というのが挙げられます。従来のFAX機ですと、事務所(FAX機の設置場所)に居ない場合、FAXの内容をすぐに確認したくてもできません。

 

インターネットFAXにすることによって、時間や場所を選ばずFAXの送受信をスマホ・パソコンで行えます。

 

またFAX機本体がないため、印刷するための用紙やインク・トナーも不要となり、修理することもない(自信が使っているスマホ・パソコンは除く)ので余計な出費がなくなります。

 

(6)インターネットFAXのデメリット

●状況によっては送信する際に〇〇が必要に・・・
FAXの送受信にあたって、受信に関してはスマホ・パソコンで完結するのですが、送信する状況によっては「スキャナー」が必要となってきます。

 

というのも、インターネットFAXはPDFなどのデジタルデータを送受信します。つまり、紙媒体の資料をインターネットFAXで送信するときに一度スキャナーでデジタルデータに変換する必要が出てくるためです。

 

(7)オススメの会社とは?

オススメのインターネットFAXの会社を紹介します。オススメしたいのは2社で「eFax《公式サイト》」と「メッセージプラス《公式サイト》」です。

 

「eFax《公式サイト》」は月額1,500円(年額18,000円)で利用することができ、日本全国の市外局番を網羅しているの選択することができます。

 

「メッセージプラス《公式サイト》」は月額プランだと950円で、年額プランだと9,500円(月額換算:約792円/月)となっています。また留守番機能を持っており、050から始まる自分専用の電話番号を取得することにより、パソコンがなくても利用できます。

 

(8)まとめ
いかがだったでしょうか。「コスパ」という点では複合機レンタルはあまりオススメできません。そして、そのデメリットを解消できるインターネットFAXのメリット・デメリットが分かったと思います。インターネットFAXについてまとめると、

 

●月額950円からインターネットFAXを利用できる!
●受信においてはスマホ・パソコンで完結!
●紙媒体の送信においてはスキャナーが必要に・・・。

 

ということです。  

 

トップへ戻る