業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

複合機リースにデメリット? 複合機リースにデメリット?

複合機リースにデメリット? 複合機リースにデメリット?

 

 

 

 

どの業種でも書類のやりとりをする際に、FAXを利用すると思います。そのFAXを利用するにあたって、求めている要素は何でしょうか。

 

職業によって異なってくると思いますが、最終的には「利益を出すこと」だと思います。特に、最初の頃は利益を出しにくい自営業にとっては、FAXによって新たなビジネスチャンスを掴むかもしれません。

 

そこで、自営業者経営者にオススしたいFAXを3つの観点から解説していきたいと思います。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決できます。

 

●FAXに求める3つの要素とは?
●複合機のリース契約のメリット・デメリットは?
●オススメのFAXとは?

 

(1)自営業者がFAXに求める3つの要素とは?
自営業者がFAX選びにおいて重視していきたい要素が3点ほどあります。それは「1ヶ月(1年間)にかかる費用」「外出先でもFAXの送受信が可能かどうか」「セキュリティ性はバッチリかどうか」の3点です。

 

●1ヶ月(1年間)にかかる費用
いわゆる「経費」についてです。自営業をしていく中で特に大変なのが"資金繰り"だと思うのですが、何をするにもお金が絡んできます。その"資金繰り"の中で、なるべく必要なところにお金をかけるためにも、経費削減が重要となってきます。

 

●外出先でもFAXの送受信が可能かどうか
あらゆる業種でFAXを設置すると思うのですが、自分自身がFAXの設置場所(ほとんどが事務所)に常にいるとは限りません。FAXの受信はいつ来るか分かりません。

 

出張などで外出しているときのFAX対応が迅速に行えるかどうかで、新たなビジネスチャンスを掴んだり、取引先との信頼関係にもつながってきます。

 

●セキュリティ性はバッチリかどうか
おそらくFAXのやりとりをする中で、重要な書類などがあると思います。その"機密情報"の管理はとても大事で、第三者に漏れることがあってはいけません。「ついうっかり」などで書類を紛失しないためにも重要となってきます。

 

(2)複合機リースのメリット
●利用できる複合機はいつも最新機種!
リース契約の場合、自分が希望する複合機をリース会社が購入し、その複合機を賃借します。そのため「機種によっては〇〇という機能が使えない!」というような状況になりません。

 

●毎月支払う費用は経費扱い!
「何を当たり前のことを・・・」と思いますが、リース料金は経費扱いとなり、毎月支払う金額は一定でランニングコストを把握しやすくなります。

 

(3)複合機リースのデメリット
●所有権はリース会社が持っていて・・・
リース契約は「リース会社が購入して利用者に賃借する」という形をとっているため、利用する複合機の所有権はリース会社が持っています。

 

所有権はリース会社が持っていますが、複合機の修繕は利用者がする必要があります。そのため故障した場合などは、リース会社に支払う額とは別にかかってしまいます。

 

●総支払い額は購入するよりも高くなる・・・
購入した複合機を利用者に賃借し、毎月支払う費用には複合機本体の価格や金利、手数料などその他諸々が含まれています。

 

そのため、毎月支払う額は比較的安く抑えることができますが、長期で見た場合割高に感じてしまいます。

 

●途中で解約することができない・・・
リース契約の場合、リース会社が新たに購入した複合機を利用するので、少なくともその複合機の本体価格分を払い終わるまでは解約することができません。

 

●審査があるので通らない可能性も・・・
「最新の機種が使えて毎月の支払額が比較的安い!」と思い、いざリース契約を申し込もうとしても、審査が通らないことがあります。審査に通らなかったらリース契約をすることができません。

 

(4)オススメしたいのは・・・
リース契約の場合「1ヶ月(1年間)にかかる費用」という点では問題がないのですが、「外出先でもFAXができる」「セキュリティ面」という点では心配です。

 

そこでオススメしたいのが「インターネットFAX」です。インターネットFAXにすることによって、FAXにおいて重視したい3点をクリアすることができます。

 

そしてオススメしたいインターネットFAXの会社は「eFax《公式サイト》」と「メッセージプラス《公式サイト》」です。

 

(5)インターネットFAXのメリット
●格安で利用できる!
リース契約と比べて格安に利用することができます。「eFax」は月額1,500円(年額18,000円)で利用でき、「メッセージプラス」は月額950円(年額プランだと年額9,500円)で利用できます。

 

またインターネットFAXは複合機の設置が不要で、スマホ・パソコンでFAXの送受信ができます。そのため、紙やインクなどの消耗品代もかからず、経費削減につながります。

 

●外出先でもFAXの送受信が可能!
インターネットFAXはスマホ・パソコンでFAXの送受信ができます。そのため、事務所に居ようと、外出先であろうとも時間や場所に縛られず、いつでもFAXができます。

 

送られてきたFAXを早く確認し返信(送信)することによって、印象が変わり、取引先との信頼関係にも直結します。

 

●デジタルデータなので保管が簡単!
紙の書類全般にいえることなのですが、ファイリングするのはとてつもなく大変な作業です。ファイルの種類によっては穴開け作業が必要となり、体感的に3倍の面倒くささです。

 

インターネットFAXにすることによって、紙の書類のファイリングからおさらばです。FAXの内容はデジタルデータなので、保管はラクラクです。

 

(6)インターネットFAXのデメリット
インターネットFAXはとても便利なのですが、デメリットが1つあります。それは「場合によってはスキャナーが必要になる」ということです。

 

具体的に説明すると、送信するときのFAX内容が元々デジタルデータ(Word,Excel など)なら問題がないのですが、紙の書類を送信する際には、デジタルデータに変換する必要があります。

 

そのため、スキャナーがない場合は購入する必要が出てくるので、出費が増えてしまいます。

 

(7)まとめ
いかがだったでしょうか。インターネットFAXと比較したとき、複合機リースの場合「経費」ついては問題がないのですが、「時間や場所によっては送受信ができない」「セキュリティ面が心配」ということでした。インターネットFAXについてまとめると、

 

●インターネットFAXは格安で利用できて、時間や場所を問わない!
●FAXの内容はデジタルデータなので保管がラクラク!
●紙の書類を送信する際、スキャナーが必要になる・・・

 

ということです。

 

 

トップへ戻る