業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

自営業必見!経費削減に直結のアウトソーシングの裏ワザ

自営業必見!経費削減に直結のアウトソーシングの裏ワザ

 

 

中小企業にとっては、資金や人材が潤沢ではありませんので、重要なコア業務に資源を割きたいところです。しかし、間接的なノンコア業務はどうしても発生してしまいます。

 

そこで、アウトソーシングが活用されます。まず考えられるのは、税務・会計や給与計算などです。専門的であるからこそ、自社内に専門的知識を持った人が必要となりますが、必ずしもそのような人材が確保できるとも限りません。他にも、発送業務やITシステム開発やWEBサイト運営などもあります。

 

・アウトソーシングとはなにか
・アウトソーシングで何が期待できるのか

 

これらについて解説します。

 

◆アウトソーシングとは

アウトソーシングとは、一般的には「企業が自社の業務を外部の専門業者などに委託すること」を指します。中小企業庁のウェブサイトでは「企業価値を維持・向上させるための製造委託・建設工事の委託を除く外部リソースの活用」と説明しています。中小企業においては、アウトソーシングを積極的に活用していくことで、人材不足を補い、企業の業績アップにつながります。

 

◆アウトソーシングの課題とは

中小企業庁の同ウェブサイトによれば、活用を検討している企業は、「導入の費用対効果が不明」、「適切なアウトソーシング先が見付からない」といった課題を抱えている傾向にあると言われています。
アウトソーシングの必要性が増加した業務として、「税務・会計等の特殊分野」が他の業務領域に比べ特に高い割合となっており、専門的な業務のアウトソーシングが重要であることが感じられます。

 

◆アウトソーシングの効果とは

アウトソーシングを活用している中小企業が効果を感じていることは、「従業員の業務量・業務負担の軽減」のほか、「必要な技術・ノウハウや人材の補完」、「必要な人材、体制を自前で確保するコストの削減」などに効果を感じているようです。アウトソーシングすることにより、従業員の負担を減らすだけでなく、人材確保やコスト削減に効果があるのです。また、アウトソーシングを検討している企業は、「自社が注力すべき業務領域への経営資源の集中」や「既存事業の見直しによる業務効率化・コストの削減」、「売上高の増加」に期待している傾向があります。アウトソーシングすることにより、コア業務に専念できるといえるでしょう。

 

◆アウトソーシングのメリットデメリット

アウトソーシングを活用することで、自社の従業員の負担軽減や外部のノウハウを獲得することによる自社の成長が期待できます。デメリットとしては、自社の技術やノウハウ等の流出が考えられます。

 

◆まとめ

・アウトソーシングとは、企業が自社の業務を外部の専門業者などに委託すること
・従業員の負担を減らすだけでなく、人材確保やコスト削減に効果がある
・アウトソーシングにより自社のコア業務に専念できる

トップへ戻る