業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

自営業に最適!勤怠管理のアウトソーシング経費削減効果を検証

自営業に最適!勤怠管理のアウトソーシング経費削減効果を検証

 

 

 

 

 

中小企業や立ち上げ直後のベンチャー企業にとって、業務の効率化やコスト削減を目的にアウトソーシングを検討することは有効です。しかし、アウトソーシングをすることによって、社内で対応するよりコストがかかるとなると本末転倒です。
アウトソーシングのメリットは、社内で専門的な知識を持つ人材を確保するのが難しい場合に、専門職を外部に委託することで人材育成のコストや時間を削減することです。

 

◆勤怠管理システムの導入

勤怠管理システムとは、社員の出退勤の時刻などの状況を管理するシステムです。かつての勤怠管理は、タイムカードへの打刻や出勤簿への押印により行われていました。近年では、IT化が進み、社員は出退勤時に自身のIDカードを端末にかざします。これにより出退勤の状況がパソコンで管理できるようになりました。
このシステムの導入により、労働時間や残業時間、欠勤日数データを収集し管理することが容易になります。また、データをもとに、給与計算を自動的に行うこともできます。

 

◆勤怠管理システム導入のメリット

システム導入メリットはいくつもありますが、たとえば不正ができない記録がしっかりと残ることです。時間外労働手当の不正申請やサービス残業の抑制にもつながります。また、上記でも触れたように、個々の雇用形態に基づいて給与計算が自動的にできるうえ、給与明細の出力まで、一元管理ができます。さらに、これまで蓄積したデータを基に、どの月に時間外労働が多いのか、どの部署で人員が不足しているのか、など人員配置の戦略に活かすこともできます。

 

◆外部専門業者への委託

人事労務サービスを提供している業者に、給与計算や社会保険や労働保険、年末調整などの業務を委託することができます。給与計算ができる人材一人しかいない、という場合の万が一のリスクを避けるため、健康保険や雇用保険の届出書類を作成する労働力を削減しコア業務に専念したい、といった場合に、委託業者を頼るという方法もあります。

 

◆外部専門業者への委託によるメリット

正確さが求められる給与計算や社会保険業務を、内部の限られた社員だけで担当するのは、強い負荷がかかり、リスクも大きくなります。人事労務サービスを専門に提供している業者であれば、チェック体制や品質の維持向上への取り組みが行われていますので、安心して任せることができます。

 

◆おすすめ勤怠管理ツール

ジョブカン
40,000社以上の企業で利用され、「初めてでも、誰でも、簡単に使える、業界No.1」を謳う勤怠管理システム。様々な勤務形態に対応し、電話・メール・チャットで随時、無料で問い合わせを受け付けてくれます。手作業の悩みやペーパーレス化も解決してくれます。
ICカードやGPSなどで打刻し、打刻情報はリアルタイムで反映されます。蓄積したデータはダウンロードできます。

 

タイムプロ
年休の取得日数、繰越日数、付与日数に合わせて年休データを自動更新、時間単位での取得も自動で計算してくれます。残日数管理、付与、繰越などの年度更新も自動で行うことができます。長時間労働の増加傾向を分析し、部署・個人ごとの傾向が一目で分かります。セキュリティを重視した生体認証によるタイムレコーダーに対応しています。ICカードはもちろん、磁気カードやタイムカード豊富なタイムレコーダーから最適なものを選択できます。

 

◆まとめ

・勤怠管理システムを導入することで、勤怠データを一元管理して、働き方改革に貢献できる。
・外部専門業者に委託することで、ミスをなくし、従業員の作業負荷を軽減できる。

トップへ戻る