業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

自営業経営改善はネット活用が重要?秘訣はFAXの選び方

自営業経営改善はネット活用が重要?秘訣はFAXの選び方

 

 

 

 

今は、生活に必要な物がインターネットを通じて手にする事が出来る時代ですね。

 

同じように、経営する上でもどんどん効率化が進み、雇用する側も雇用される側も時間の使い方に変化が見られます。

 

・営業職こそ取り入れるべき
・在宅ワーカー、フリーランスにも委託する
・新たにfaxを買い換えるなら、インターネットfaxがお勧め

 

▽営業職は、時間の使い方次第!

 

経営者の人は、営業担当の人がどのような行動を取り、時間の割り振りをしているか把握していますか?

 

ただ単に、仕事を取ってくるから良い営業担当と結果だけを見ていませんか?

 

会社に取引先からfaxが送られれば帰社して内容を確認し、取引先への対応、更に新規開拓の為にアポイントを取る等、やる事は尽きません。
さて、ここで1つ無駄とも言える過程には気付きましたか?

 

そうです「帰社」です。
この時間がその場で対応出来るなら、営業担当の人も経営者の人も、更に効率と利益率が上がると思いませんか?

 

インターネットfaxには、その利点があり、取り入れるべき職種の1番は営業職だと考えます。
手持ちのスマートフォンからも取引先へのケアがすぐに出来るので、信頼関係がより深まると思います。
帰社して、内容を確認して対応するタイムスケジュールを組む…これは効率的と言えるでしょうか。

 

この点に気付き、前向きに検討する経営者になりたいものですよね。

 

▽在宅ワーカー、フリーランスに委託する

 

インターネットfaxは、場所が関係ないので委託出来るところは委託して、企業全体の負荷を軽減する事も可能です。

 

特に、在宅ワーカー、フリーランスの人にはインターネット環境は当然ありますので委託する際に無駄な出費はかかりませんね。
人件費だけが必要なので、良い在宅ワーカー、フリーランスに任せ、自社で活動しなければならない仕事は、従業員が集中して取り組めると良い連携が取れるのではないでしょうか。

 

▽本当にfaxは必要か?検討するタイミングは?

 

実際に自社でfaxがどれほど稼働しているのか?
インターネットfaxに変えても、支障はあるか、ないか。
faxの稼働率は、用紙の消耗と業務中に使用する人数で簡単に割り出す事が可能ですね。

 

コストに悩んでいるならば、稼働率も踏まえ、インターネットfaxに思い切って切り替える事をお勧めします。
用紙がデータになるだけですので、これから先どんどん効率化が進み、インターネットfaxが主流になっていく事は容易に想像出来ますよね。
検討中の経営者の人は、コストと稼働率で決定してみると良いのではないでしょうか。

 

トップへ戻る