業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

業務改善は働き方改革と●●?中小企業自営業が注意すべき事

業務改善は働き方改革と●●?中小企業自営業が注意すべき事

 

 

働き方改革関連法が施行され、会社は対策を迫られるようになりました。
中でも、過労による自殺が相次いでいることが社会問題となっており、各企業にとって時間外労働を減らす対策は急務です。

 

なお、大企業は2019年4月から適用され、中小企業は2020年4月1日から適用されます。
厚生労働省が示す働き方改革の取り組みのうち、時間外労働の是正に関して解説します。

 

・働き方改革とは
・時間外労働の上限
・時間外労働のリスク

 

 

◆時間外労働の上限規制

時間外労働の上限は月45時間、年間360時間と定められています。ただし、臨時的な特別の事情があって労使が合意する場合でも以下は守らなければならないとされています。

 

@年間の時間外労働は720時間以内
A時間外労働と休日労働の合計が100時間未満
B時間外労働と休日労働の合計について2〜6か月平均が全て1か月80時間以内
C時間外労働が月45時間を超えることができるのは、年6か月が限度

 

◆時間外労働の手続き

法定労働時間は1日8時間、週40時間以内とされている。また、法定休日は少なくとも週1回与えることとされています。それを超える場合は、雇用主と労働者間で労使協定を締結し、所轄の労働基準監督署に届け出る必要があります。これは労働基準法36条に定められているため36協定(サブロク協定)と呼ばれています。

 

◆時間外労働のリスク

日本では、成果や能力よりも残業の多さが評価される風潮があります。長時間労働をすることが美徳とされていますが、会社にとっても労働者にとっても決していいことではありません。長時間労働がどのように労働者の健康を害するかは科学的に証明されていませんが、長時間労働が原因によるミスや事故の事例はたくさんあります。
職場には労働者の健康を害する要因がたくさんあり、長時間労働もその一つです。会社は、これらの要因から労働者を守る必要があり、「安全配慮義務」と呼ばれています。

◆テレワークという働き方

会社と雇用契約を結んだうえで在宅で働くというテレワークという働き方があります。テレワークによって、通勤時間が削減され、プライベートの時間が多く取れることになり、ストレスが減少し、労働者のモチベーションが上がるとともに、労働の生産性が向上するという効果も期待できます。

 

◆業務をアウトソーシングする

会社としての本来の業務は、会社を成長させることやそのための方針を考えることです。しかし、ルーティン業務や雑務に時間を取られ、さらに長時間労働が発生することは、会社としても労働者としても不本意です。ルーティン業務や雑務も、会社を運営する上で大切な業務ですが、それらをアウトソーシングするという方法もあります。
例えば、DM、納品書・請求書、パンフレット等の発送は、発送代行業者に委託したり、手作業で行っていた給与計算や勤怠管理、在庫管理・発注業務などにITシステムを導入したりすることもアウトソーシングであると言えます。

 

◆まとめ

・働き方改革により、企業は時間外労働の是正が求められる
・時間外労働が増えることは、会社にとっても労働者にとってもリスクがある。
・テレワークやアウトソーシングにより、労働時間を減らし、労働生産性をあげることが期待される。

トップへ戻る