業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

FAXはリース、コンビニよりレンタル?自営業に最適格安FAXは

FAXはリース、コンビニよりレンタル?自営業に最適格安FAXは

 

 


自営業を始める時に何かと必要となるものが多いです。その中でも、必須だと思うのがFAX関連だと思います。

 

最近は選択の幅が広いFAXですが、複合機を購入する以外にもリースやレンタル、近くにコンビニがあるのならばコンビニFAX、ネット回線があるのならばインターネットFAXも利用することができます。

 

様々な選択肢のあるFAXですが、それぞれのメリット・デメリットを紹介していこうと思います。

 

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解消できます。

 

●各種FAXのメリット・デメリットとは?
●格安で利用できるFAXとは?
●オススメのFAXとは?

 

(1)複合機リースのメリット・デメリット

《 メリット 》
1.新品の複合機を導入できる!
リースの場合、契約したリース会社がその物品(ここでは複合機)を仕入れます。そして、その物品を「賃貸借」という形で契約者に支払ってもらう契約です。

 

2.レンタルするよりも安く利用できる!
リースの場合、後述する「途中解約不可」「リース会社の審査」があることにより、長期的にリース契約することになるので、相手からの信頼があり、レンタルよりも安く利用することができるのです。

 

《 デメリット 》
1.途中解約できない・・・
「リース会社が仕入れ、賃貸借として契約者に支払ってもらう」と説明しました。

 

リース契約の場合、その複合機を仕入れる際などにかかった費用(料金)全てを、契約者が支払わなくてはいけません。そのため、途中で解約することができないのです。

 

2.リース会社の審査が必要・・・
長期的に利用することが決まっていて、安く抑えるためにリース契約をしようと思いますが、審査があります。そのため、審査に通らなかった場合、リース契約することができないのです。

 

(2)複合機レンタルのメリット・デメリット

《 メリット 》
1.短期間でもレンタルできる!
リース契約と比較して、レンタルは短期間の契約でも問題がありません。

 

2.審査が不要!
リース契約だと審査がありましたが、レンタル契約だと審査がありません。そのため、誰でも利用することができます。

 

《 デメリット 》
1.リースするよりも割高に・・・
レンタル契約の場合、リース契約のときと比較して毎月支払う金額が高くなってしまいます。

 

2.機種・型番が選べない・・・
リース契約の場合は新しく仕入れて、新品のものを使用できます。しかしレンタルの場合、中古品を使い回すため、ものによっては対応していない機能もあるかもしれません。

 

また、レンタルでは利用したい機種や型番を選ぶことができません。

 

(3)コンビニFAXのメリット・デメリット

《 メリット 》
1.コンビニがあればどこでもできる!
日本全国に存在するコンビニのマルチコピー機を利用することによって、FAXの送信を行うことができます。相場として、1枚の送信で50円となっています。

 

2.FAX機の設置が不要!
事務所の近くにコンビニがある場合、そこでFAXを送信することができるので、事務所にFAX機を設置する必要がありません。

 

《 デメリット 》
1.コンビニに行く必要がある・・・
事務所にFAX機を設置する必要がない反面、FAXの送信の度にコンビニに行くのは少し面倒くさいです。

 

1日に1・2回程度なら我慢できますが、それ以上となると疲れてしまいますし、なんだか気が引けてしまいます。

 

2.受信することができない・・・
コンビニFAXでは送信することができても、相手からのFAXを受信することができません。こちらからの一方通行となります。

 

3.枚数によっては高く感じてしまう・・・
1回のFAX送信枚数が少ないのならば、ほかのFAXよりも安く感じますが、枚数が多くなってくるとほかのFAXよりも割高に感じてしまいます。

 

4.セキュリティ面において心配が・・・
コンビニでのFAXに限らず、コピー機全般にいえるのですが、コピーするのに必要となる原稿、または免許証などがコピー機の中に忘れてあることがないでしょうか。

 

コンビニでのFAXをするときに、つい焦っていたりして原稿をコピー機に忘れたりするかもしれません。また、コンビニには人が多く、大事な書類の中身を盗み見されるかもしれません。

 

(4)インターネットFAXのメリット・デメリット

《 メリット 》
1.格安で利用できる!
従来のFAX機の場合、FAXをするときに固定電話回線が必要になり、その費用がかかります。

 

インターネットFAXの場合、固定電話回線ではなくインターネット回線を利用するため、今までかかっていた固定電話回線の料金がなくなり、経費削減につながります。

 

2.いつでもどこでも確認ができる!
インターネットFAXはFAX機で受信するのではなく、自信が使っているスマホ・パソコンでFAXの内容を確認することができます。

 

そのため、事務所だけでなく外出先でも即座に内容を確認できます。

 

3.セキュリティ性が高い!
FAXは自分が指定したアカウントで受信するため、コンビニのような不特定多数の人に見られる心配がありません。

 

《 デメリット 》
1.紙媒体のFAXにはスキャナーが必要に・・・
インターネットFAXは紙を媒体にせず、デジタルデータにして送受信します。もともとスマホやパソコンのデータならすぐに送信することができるのですが、紙に書いてある書類を送るためには、スキャナーが必要となってきます。

 

もともと事務所にスキャナーがあるのならよいのですが、ない場合はスキャナーの購入費がかかってしまいます。

 

(5)オススメしたいのは・・・

各種FAXのメリット・デメリットを吟味すると、圧倒的にオススメなのは「インターネットFAX」です。紙の資料をFAX送信するときにスキャナーが必要になりますが、場所を問わずいつでも送受信できるというのは大きなメリットだと思います。

 

そしてオススメしたいインターネットFAXの会社は「e-Fax」と「メッセージプラス」です。それぞれの特長を挙げると、

 

●eFax
○公式サイト:https://www.efax.co.jp/
○月額料金:1,500円/月
○日本全国の市外局番を選べる!

 

●メッセージプラス
○公式サイト:http://www.messageplus.jp/
○月額料金:950円(年額プランだと9,500円/年)
○留守電機能付き!

 

(6)まとめ

いかがだったでしょうか。各種FAXのメリット・デメリットが分かったと思います。まとめると、

 

●リース契約は長期間で安く、レンタル契約はリース契約よりも若干高いが短期間でも問題がない。
●コンビニFAXは気軽にできるが受信はできず、セキュリティ面が心配。
●インターネットFAXは場所を問わず送受信でき、自信が指定したアカウントで受信するのでセキュリティ性は高く、格安で利用できる。

 

ということです。  

トップへ戻る