業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

働き方改革はWEB打刻が推進?it化が解決する業務改善の秘訣

働き方改革はWEB打刻が推進?it化が解決する業務改善の秘訣

 

 

 

近年の勤務体制には大きな変化が見られます。
独立を考えている人や従来の勤務体制に疑問を覚え起業を考えている人には特にご理解頂けるのではないでしょうか。

 

・ビジネス上、紙面から電子化へ移行
・タイムカードに打刻していた所を効率化
・Web打刻で総合的な効率のスピードアップ

 

▽ほとんどが電子化となる今、もう遅い?

 

まずWeb打刻の説明を軽くしますと、出社時に各々が持つPCから出勤打刻をするというものです。

 

たまに、タイムカード自体の遅延によって社員の出勤時間を訂正するという作業をしたことはありませんか?
もしくは、訂正をお願いしに行く等、貴重な勤務時間を手続きで浪費してしまうなど、あまり円滑とはいえませんね。

 

▽タイムカードに打刻、Web打刻の業務的な違い!

 

タイムカードについては、またそのデータを入力し転記し、タイムカードの管理もあるので2重の仕事と言ってもいい程の過程があります。

 

では、Web打刻はどうでしょうか。
2重の仕事がカットされるので、勤怠管理担当者の負担が軽減されるほかに、従業員もPCから出退勤を申告出来るので、会社全体の負荷の軽減を測れます。

 

しかし、残念ながら経営者側の理解が少ないという部分でもあります。
勤怠管理担当は、勤怠管理が仕事だろうと考えているからです。

 

ここがコスト削減を妨げているケースも。
月末締めに勤怠管理担当者の仕事の負担は大きく、残業時間が大幅に取られてしまう。
そして、その残業時間は個人の責任だと申告しないケースもよくある事です。

 

このような企業体制では、効率も悪く、社員の負荷も大きなものではないでしょうか。

 

起業する、すでに経営者として奮闘している人こそ、システムのコスト面が測定しずらい勤怠管理に目を向けるべきだと考えます。

 

▽Web打刻による総合的な効率化が!

 

Web打刻には複数の契約サイトがあります。
平均的な使用料として、月額1人あたり100円から200円程度のものがほとんどです。

 

アルバイト勤務、従業員、すべての出退勤管理の他にシフト調整も一気に作成出来るものや、給与計算まで出来るものもあるので、勤怠管理自体のみならず、会社自体が大幅に効率的になると思いませんか?

 

そして、従業員全体の状況を管理する事が出来るという点が1番のメリットだと思います。

 

この従業員にこんなにも負荷をかけている等、経営者として重要な従業員全体の把握が出来るわけです。

 

勤務体制を整える重要性を、従業員の目線で考えてみてはいかがでしょうか。

 

トップへ戻る