業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

広告効果はSNSに軍配?既存広告との違いを徹底検証

広告効果はSNSに軍配?既存広告との違いを徹底検証

 

 

 

企業といえば「広告費」は、必要不可欠な経費ではないでしょうか。
しかし、効果が無ければ毎月無駄な経費として企業の活動を圧迫しかねませんね。
現代では、どのような広告が効果的か比較してみます。

 

・ターゲット層を絞った広告活動を
・見直すべき現代の需要背景
・製品によって、広告活動は使い分ける

 

▽期待したいターゲット層に絞る

 

まず、自社の製品やサービスをどのような層にアピールしたいのかを明確化する事が必要だと思いますね。

 

都心部ならば、フリーペーパー、電車の吊り看板が比較的目にとまる広告活動として利用されていますね。
理由としては、フリーペーパーには都内の様々なクーポン情報を含め、店舗の入れ替えが激しいので、都内情報をフリーペーパーで得る人が多いからでしょう。

 

電車内にある吊り看板も、都内であれば効果的かと思います。
但し、電車内での吊り看板はターゲットを絞るというよりは、自社の存在を認知してもらう事が目的の場合のみ有効だと思いますね。

 

▽現代の需要に合った広告とは?

 

マスメディア広告は、主にテレビ、ラジオ、新聞、雑誌となり以前までの広告活動といえば、こちらが主流だったと思います。

 

しかしながら、現代の時代背景にマッチしているのかと問われると疑問がありますね。
テレビ離れ、新聞も今ではインターネット上で調べられる情報が多く、紙面離れも否めません。

 

地方の新聞に折り込み広告として、ダイレクトに集客を行う広告活動は有効かと思いますが、それ以外はあまり有効性は感じません。

 

▽商品、製品、サービスによって広告を使い分ける!

 

例えば、通信販売をしている場合や全国区の広告をしたい場合は、SNS広告が今最も有効性が高いと思います。

 

インターネットが主流となり、スマートフォンからも情報収集する事が当たり前となっている現代では、時折流れる動画広告やバナー広告には、自然と目がいきますので自社をアピールする場所としては最適な環境と言えるでしょう。

 

SNS広告の良い点は、効果測定が可能な点です。
効果がどの程度あったのか、数値化する事がSNS広告では出来るので自社に効果的かどうかリサーチ可能なので、すぐに広告の方法を改善出来るのです。

 

広告活動を行っているが、効果がわからないという場合は、活動をSNS広告に移行してみるのも良いかもしれませんね。
SNS広告の場合、すべてを一任する事も出来るSNS代行サービスというシステムもありますので、検討する価値はあるのではないでしょうか。

 

トップへ戻る