業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

自営業こそ格安sim?マイネオOCNモバイルONE徹底比較

自営業こそ格安sim?マイネオOCNモバイルONE徹底比較

 


皆さんはスマホをどのような目的で購入したのでしょうか。また、スマホを購入する際に重視している物・項目は何でしょうか。人によって“プライベート用”なのか“ビジネス(仕事)用”なのか分かれると思いますが、目的によって重視する物が変わってきます。

 

私の場合は“プライベート用”として購入しました。最初は「連絡手段」として利用していましたが、段々とスマホゲーム用と変わっていきました。そして最近は“スマホゲーム兼仕事用”として使うようになってきました。

 

前まではスマホの認識は「ガラケーの進化版」でしたが、スマホの使い方が段々と「パソコンの劣化版」というと若干違いますが、そういう認識になりつつあります。他の言い方だと「機動性が抜群のパソコン」とも言えるでしょう。

 

そこで“仕事用”つまり“ビジネスユース”に適しているスマホについて紹介していこうと思います。この記事を読むことによって、以下のような悩みが解決できると思います。

 

●仕事用スマホに求める要素とは?
●2台目の端末、安いのは?
●格安スマホの場合、オススメは?

 

(1)仕事用スマホに求める要素とは?

仕事用スマホを用意する際に、2通りの方法が考えられます。それは「現在使っている端末をそのまま利用する」または「新たに端末を購入する」だと思います。どちらにせよ、求められる要素はそんなに変わりません。

 

そして仕事用スマホに求められるのは、これらの3点だと思います。

 

1.セキュリティ対策
2.スマホのデータ容量
3.音声通話機能

 

まずは「セキュリティ対策」、これは言うまでも無く重要です。プライベートや仕事問わず、頻繁に使う使うIDやそれに対応するパスワードなどの個人情報を守るためにも必要となってきます。

 

次に「スマホのデータ容量」、特にプライベートで容量を多く使っている人は必要となってきます。スマホゲームのデータ保存で1GB以上というのはよくあるので、スマホの動作速度を上げるためにも重要です。

 

データ容量が大きければ、比較的重いファイルでも快適に閲覧することができるので、少ないよりも多い方が断然良いです。

 

最後に「音声通話機能」についてです。これは端末性能に関することではなく、通信環境の方になります。仕事で書類などの確認の際に電話やSMSを利用することが可能か不可能かになります。もちろん、音声通話機能がある方が良いです。

 

(2)仕事用端末を新たに購入することのメリット・デメリットとは?
仕事用端末を新しく買う、つまりプライベート用端末と仕事用端末を別々にする場合のメリットとデメリットを紹介します。

 

●メリット

○連絡の送り先を間違えることがない!
○仕事用のデータが一目瞭然!
○スマホのデータ容量をあまり気にしなくても良い!

 

まず「連絡先を間違えることがない」というのは、ネットでよく見かける「ラインなどでの誤爆」「友達に送るメッセージを間違えて上司に送る」などを防ぐことができます。

 

次に「仕事用のデータが一目瞭然」というのは、プライベートでダウンロードした画像・音楽などのデータがそもそも保存されていないので、自分にとって必要な情報を素早く見つけることができます。

 

そして「スマホのデータ容量をあまり気にしなくても良い」というのは、上記の事と重複しますが、比較的重いスマホゲームなどのプライベートのものがないので、それほど気にすることではないと思います。

 

●デメリット

○新たに端末を購入するのでお金がかかる…
○単純計算で毎月のスマホ料金が2倍…

 

プライベート用端末と別々にするために、新しく仕事用端末を購入するので、端末費用がかかってしまいます。そしてその端末を利用するために、毎月スマホ料金を払う必要があります。「お金」を考えると、なるべく安く運用していきたいところです。

 

そしてプライベート用の端末と仕事用の端末が同じ場合のメリット・デメリットは以下のようになります。

 

●メリット

○毎月のスマホ料金が変わらない!
○つまり、お金の心配は無い!

●デメリット

○連絡先を間違えることがある…
○プライベート用と仕事用のデータが煩雑…
○スマホのデータ容量が心配…

 

(3)仕事用端末をなるべく安く運用するためには?

結論を述べると「格安スマホに乗り換える」ことが最適だと思います。大手携帯会社で端末を購入・契約した場合、普段諭吉1人分なところが2人になり、自分の財布的にも、精神的にもダメージを受けてしまいます。

 

仕事用端末に求めるも要素として「セキュリティ対策」「データ容量」「音声通機能がある」ことを述べましたが、これらすべてを「格安スマホ」で解決することができます。

 

人によりますが、契約する料金プラン・オプションによっては「格安スマホ」2台分の端末運用費が、「大手携帯会社」1台分の端末運用費と同じぐらい、またはそれよりも安くなります。つまり、“格安スマホ2台分”≦“大手携帯会社1台分”ということになります。

 

(4)mineoとOCNモバイルONE、どちらがオススメ?
端末を新しく購入、仕事で使うデータ通信容量を10GB、音声通話は10分以内を何回も、というのを条件に比較していきます。

 

●mineo

○端末最安値:16,800円
○Zen Fone Live1(L1)
○デュアルタイプ 10GB
○a_月額3,130円
○d_月額3,220円
○s_月額3,570円
○10分かけ放題:月額850円

 

●OCNモバイルONE

○端末最安値:12,800円
○HUAWEI P30 lite
○音声対応SIMカード 10GB
○月額2,880円
○10分かけ放題:月額850円

 

比較すると、mineoよりもOCNモバイルONEの方が安く運営できます。通話料金は同じですが、端末費用や月額基本料金はOCNモバイルONEの方が安いことが分かります。

 

(5)まとめ

いかがだったでしょうか。仕事用端末を新しく購入するメリット・デメリット、そのデメリットを打ち消すような料金プラン・オプションが分かったと思います。まとめると、

 

●仕事用端末に求めるものは「セキュリティ対策」「データ容量」「音声通話機能がある」こと!
●新しく仕事用端末を用意するほうがメリットが多い!
●OCNモバイルONEがオススメ!

 

ということです。 

トップへ戻る